· 

情報交換・活動案件

当研究所の設立・ホームページ開設後の週末という事情も重なって、3日連続で様々な業種の方とじっくりお話する機会がありました。友人・知人の方々との遣り取りということもあり、踏み込んだ意見交換をして、今すぐに取り掛かれそうなテーマもあれば、しっかり時間・費用を掛けないと難しいテーマ、それらの具体化・落とし込みについての厳しい意見等々、独りではみえなかったものが多々ありました。

 

多くの方々に共通しているのは、預貯金だけだと老後資金が心配だけどどうすれば良いのか分からない、金融機関が言うことを鵜呑みにするのは不安ということでした。もっともな不安です。というのも、個人の経済状況等をきめ細かく把握して、ニーズに応じて個別具体的な資産運用を考えてくれるビジネスは手間暇がかかるので、プライベート・バンキングといって富裕層しか相手にしていません。サービスを受けるには金融機関にもよりますが、数億円の資産が必要です。

 

金融機関も商売なので、儲からないことはしたくありません。運用額が小さくて、しかも明らかに素人相手に一から説明するなんて、コストに見合いません。このテーマにどう取り組むか、検討を始めています。

 

また、面白い話も頂きまして、教育・啓発に繋がるような歴史物を読んでみたい、マス向けの最初の収益コンテンツであれば、開業の理念が分かるものが欲しいという意見も頂きました。また、ある分野の有資格者とのコラボ企画も動き始めています。

 

このような状況だと専門に固執しない情報要約業であるからこその強みがあると思っています。

 

色々と仕掛けていきます。