· 

すぐか、そうでもないかも!

Could be very soon or not so soon at all!

日本語で、「すぐか、そうでもないかも!」というところでしょうか。原文には勇ましく!が付いてました。テンションを上げる要素がどこにあったんでしょうか…

 

他国への軍事行動時期についてTwitterでつぶやくことも異例ながら、呟いた言葉も意味不明という二重に奇跡です。マーケットはシリアへの攻撃が近いと警戒していたのですが、すぐではなさそうということで安堵感が広がり、ニューヨークの株価は上昇からスタート。原油価格は下げに転じています。その後どうなるのかは分かりませんが…

 

「やっぱり大統領は色々と残念だから、先行きが不安」ということで、株価はむしろ下がりそうな気がしますが、この辺りはやはりマーケットの不思議なところです。

 

何をしでかすか分からない人が権力の座にあって、その人の気まぐれな言動でマーケットが動く状況では、短期売買は避けるべきです。信用取引で身の丈を超えた勝負をするなんて、もっての外です。

 

短期売買はどんなに洗練された風を装っても、所詮、博打の要素が強いと思います。その博打の勝敗が自分の能力ではなく、訳の分からない人の訳の分からない発言となると、浮かばれません。

 

今のマーケットで勝つには、経済学者よりも精神科医の方が有利だと思います。