· 

物は言いようというか、人は自分が見たいものしか見ない

まずは、チャーチルの映画についての雑感で綴ったアメリカン・ジョーク(?)の拡大バージョンから。

 

ーーーーーーーーーー

世界の指導者を選ぶときがやってきた。あなたの一票は、貴重な一票である。以下は、候補者に関する情報である。

 

候補者A:

不正な政治家とつながりがあり、占星術者にアドバイスを求める。二人の愛人を持っていた。チェインスモーカー。一日に8~10杯のマティーニを飲む。

 

候補者B:

会社を二度クビになった。いつも昼まで寝ている。学生時代には阿片をやっていた前歴がある。一晩に1クオート(約1リットル)のウィスキーを飲む。

 

候補者C:

彼は勲章を受けた戦争の英雄である。菜食主義者で、タバコは吸わない。ビールを良く飲むが、これまで浮気をしたことはない。

 

候補者D:

彼は酒もタバコもやらない。身内に酒で健康を害した人がいて、その人の注意を良く守ったし、飲酒・喫煙は自分の理性を損なうと信じている。また、とても家族を大事にしていて、この世界の何よりも家庭を尊いと感じている。女性の起用に熱心で、学歴やキャリアに拘らず、有能だと思う女性には、20代であっても権限を与えることに躊躇しない。

 

これらの候補者のうち、あなたは誰を選ぶか?

 

 

 

なお、

候補者Aは、フランクリン・D・ルーズベルト

候補者Bは、ウィンストン・チャーチル

候補者Cは、アドルフ・ヒトラー

候補者Dは、ドナルド・トランプ

である。

ーーーーーーーーー

 

兎角、いいとこ取りをするか、ネガティブな情報だけをみるかで、全く印象は違ってきて、それは投資であれ、人間関係であれ、様々な影響をもたらしているように思います。私自身も無心でありたいと思うのですが、その境地にはまだまだ遠いです。

 

因みに、この古典的なジョークは好きでして、現代の政治家だけのバージョンも作っております。これからの政治日程を勘案して、公開していこうかと思っています。何気に、騙されないための意思決定に繋がりますし。

 

性格が悪いので、こういう皮肉屋な感じのネタはあまり苦労せずに思いつきます。エイプリルフールの日銀ネタでは、一部に混乱された方がいましたようで、ご迷惑をおかけしました(笑)Facebook等に投稿したのですが、見逃した!という方はご連絡ください。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    林 幸利 (水曜日, 18 4月 2018 08:18)

    いつも楽しく拝見させて貰っています。
    通勤時間に丁度良いんですよね

    私は、自分で見て聞いて、肌で感じたものしか信じないようにしてます。
    その方が、間違えても、自分が未熟だったと納得がいくので。

    これからも、面白い話しを発信して下さいね
    楽しみにしてます。

    ちなみに、肌で感じるというのは、肌を合わせるという意味ではなく、感覚的に感じるという意味あいですからね(笑)

  • #2

    鈴木卓実 (水曜日, 18 4月 2018 08:52)

    林さん、コメントありがとうございます。しれっと、プチ下ネタを入れてくるところが流石です(笑)
    他者からの一方的な情報ではなく、自分自身の肌感覚・ちょっとした違和感は重要ですよね。

    近々、オンライン決済ができるよう整えて、有料会員向けに週末に考えながら読むような重ためのコンテンツを準備中です。そちらも楽しみにしていてください。