よき友三つあり。一つには、物くるる友。二つには、医者。三つには、智慧ある友。

吉田兼好(兼好法師)の『徒然草』第百十七段に

 

よき友三つあり。一つには、物くるる友。二つには、医者。三つには、智慧ある友。

 

とあり、教科書で目にしたことがある方もいらっしゃると思います。身も蓋もないというか正直というか、『徒然草』の中でも印象に残る一節です。

 

現代の感覚だと、良い友達ってどんな人?と聞かれて、「物をくれる人」と答えるのは何となく品がない感じがしますが、内面では嬉しいのは事実。二つ目の、医者(くすし)は今でも同じでしょう。健康の相談を気軽にできる相手というのは重宝されます。

 

三つ目の、智慧ある友。仕事の相談ができる相手や弁護士、あるいは異業種の話が刺激になる人といったイメージでしょうか。吉田兼好の智慧ある友はどんな姿なのでしょう?

 

私は、この智慧ある友は人間関係の相談に乗ってくれる友人だと理解しています。というのも、「よき友三つあり」がある第百十七段は「友とするにわろき者、七つあり」から始まっていて、友人のことを綴った締めに「智慧ある友」が出て来るので、前半との対比から人間関係が相談できる人のように解せるのです。

 

友とするにわろき者、七つあり。一つには、高くやんごとなき人。二つには、若き人。三つには、病なく身強き人。四つには、酒を好む人。五つには、猛く勇める兵(つわもの)。六つには、虚言(そらごと)する人。七つには、欲深き人。

 

身分の高過ぎる友人は色々と作法とか金銭感覚の違いとか面倒そうです。現代でも、「知り合いだよ」ぐらいがちょうど良さそうな気がします。礼儀知らずの若者、やたら元気で周囲を振り回す人、酒癖の悪い人、乱暴者、嘘つき、欲張り。現代でも厄介です。

 

『徒然草』は徒然(思いつくまま)と言っておきながら、かなり計算された内容も多く、巧妙に著者の意見を盛り込んでくるところが特徴的です。厄介な友達を受けての締めの「智慧ある友」。皆さんはどう解釈しますか?

 

 

ところで、当研究所は、「およそ不幸は、経済的な問題、健康の問題、人間関係の問題に集約されます。このうち、人間関係は家族や生い立ちにも絡むため、なかなか共通の方法論を提示することは難しいですが、経済的な問題や健康の問題については、正しい知識を身に着けることで、不幸を回避できる可能性が高まります」と考えています。

 

 【当研究所について】

 

https://www.takumi-souken.org/当研究所について

 

よき友三つが、物をくれるという経済関係、医者という健康関係であり、最後の智慧ある友が人間関係だとすると、今も昔も状況というか人間の興味・関心は変わらないのかなと思います。残念ながら、「智慧」がないために、人間関係の問題は取り組むのが難しいですが、残る二者は注力できると思い、例えば、キャリアに関するアドバイザーをする場合でも、健康的に働ける状態を意識して、余暇や睡眠の状況を確認するようにしています。

 

最近、友人から、「もっとビジネスライクになった方が良い」とアドバイスを頂いていたので、当研究所の宣伝で締めさせていただきました。