· 

猛暑の三連休スタート!

三連休、皆様、いかがお過ごしでしょうか?今年は梅雨明けも早く、気象庁の1か月予報をみる限り、暑い夏になりそうです。この三連休は三大都市圏では猛暑が見込まれています。

 

この予報の精度は高いと思います。気象予報は年々精度が上がっていますし、先日の山陽地方を中心とする豪雨の予報が的中したように、新しいスーパーコンピュータの導入(従来比計算能力10倍)も奏功しているようです。

 

気象メカニズムについては判明していることが多く、「予測」に馴染みやすい一方、計算量の制約が厳しい分野でもあります。メカニズムが分かっているので、基本的には観測・計算する対象を増やしていけば予測の精度は高まるのですが、気象は3次元空間を扱うので、2倍細かく計算しようとすると、縦・横・高さがあるので2の3乗、つまり8倍の計算が必要になります。また、海面温度についてはまだまだ観測が粗いですし、異常気象に影響をもたらすと言われている海水面下・深度の温度については更に観測地点が不足しています。

 

色々な官庁がある中で、しっかりと仕事をしている印象の気象庁ですが、官庁の中では規模が小さく、予算は600億円に満たない小さな官庁です(因みに、国の予算は約100兆円)。今後も温暖化傾向は続くので、異常気象は増加することはあっても減ることはないと思います。であれば、金を掛ければ精度が高まる気象予報の分野は、効率の良い資金投入先です。

 

 

さて、話は変わって、先日、健康のセミナーの打ち合わせを医療関係者と行ったのですが、今年の猛暑も勘案して季節の事項を入れた方が具体的でイメージしやすいということになり、「夏バテ対策」についても触れることになりました。まだ席に余裕がありますので、参加ご希望の方や、興味がある方はご連絡ください。セミナーの概要は以下の通りです。

 

【セミナーのご案内】

オフィスワーカーのための健康リテラシー ~ 睡眠を中心に生活の立て直し ~

日時:7月28日(土)10時~11時30分、開場9時45分

場所:東京都渋谷区桜ヶ丘町29-35 ヴィラ桜が丘内、セミナースペース

会費:3,000円

定員:15名

 

 

医療関係者にご協力頂き、一般的なオフィスワーカーがどうやって健康を管理していくのかについて、睡眠を中心とした生活の基礎から確認していくセミナーです。世の中には様々な健康情報が溢れていて、中には理想を求めすぎて、どう考えても普通のサラリーマンでは無理というものもありますが、このセミナーではなるべく費用を掛けずに実現できる、地に足の着いた情報を中心にお伝えしていきます。また、健康にはどうしても個人差がありますので、各自の事情にあった方法が見つかるよう、なるべく多くの情報を提供したいと思います。暑い夏に因んだ季節のトピックも盛り込みます。